ごあいさつ

トップメッセージ


代表取締役社長 池田和明

「M1000 3.0 ~高速PDCAを回す~」

当社は、「新しさと違い」を提供することを経営ビジョンとして掲げ、革新的な製品の開発・製造・販売を通して産業用インクジェットプリンタの市場を創造してまいりました。これからも、独自のラスター技術(インクジェット等)とベクター技術(カッティング等)を駆使してデジタルオンデマンドプリントのさらなる進展を推し進めるとともに、顧客満足を提供できる開発型企業としての発展を志してまいります。

当社は現状において成長ステージにあり、「M1000」を経営スローガンとして掲げ、年商1,000億円に向けた施策を加速させております。当社では、産業用インクジェットプリンタの市場を、広告・看板等の製作用途のサイングラフィックス(SG)市場向け、工業製品・グッズ等の加飾用途のインダストリアルプロダクツ(IP)市場向け、生地や衣料品等の捺染用途のテキスタイル・アパレル(TA)市場向けに分類しています。各市場の製品ユーザーにとって最適な製品(プリンタ、プロッタ、機能性インク等)を提供し、広く深く浸透させることで年商1000億円超のグローバル企業になることを目標としております。

足元において、国内外の政局や経済環境の不透明感が高まっておりグローバルレベルで安定収益を確保することが難しい環境にあります。しかしながら、当社が手掛ける産業用インクジェットプリンタ事業は、資源循環型社会に大きく貢献する側面があり、私は当社事業の拡大に強い使命感を持っております。具体的には、①節水、②在庫ロスの減少、③物流コストの削減、④生産設備の効率化(版が不要、省スペース)等、を通じてサステナビリティ(持続可能性)に貢献しています。さらに、今後のデジタルトランスフォーメーション(バリューチェーンを含めて新たな付加価値につながるデジタル化)に乗じて、深化すると思われる無人化・省人化、高速化・高画質化、無水捺染等の高度な付加価値につながる社会・環境ニーズにいち早く対応できるように取り組んでまいります。そのためには、様々な試行錯誤を倍速で行う必要があり、今期の経営スローガンは「~高速PDCAを回す~」としております。

産業用インクジェットプリンタの市場は今後も成長が見込まれますが、技術革新のスピードは速く、同業種や周辺業種と競争でしのぎを削る局面が続くと思われます。当社は現状に満足することなく、これからも危機感とスピード感をもって業務に邁進する所存であります。引き続きご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

2019年8月9日
株式会社ミマキエンジニアリング

代表取締役社長 池田 和明


ページの先頭へ戻る

当ウェブサイトでは、皆様により良いユーザー体験を提供するためクッキーを使用しております。閲覧を続けることで、クッキーの使用に同意したものとみなされます。 詳細情報