トップメッセージ

To Our Shareholders [株主の皆様へ]


<平成29年3月期 第2四半期の業績について>

当第2四半期の連結売上高は228億85百万円となり対前年同期比△4.6%となりました。第2四半期に入ってさらに加速した円高が、海外販売が約4分の3を占める当社の売上高を約25億円押し下げましたが、為替影響を除く実質売上高は引続き拡大基調が続いています。
エリア別売上高について、中国での売上高が前年同期を大きく下回りましたが、中国を除くアジア・オセアニア地域と国内では増収を確保しました。円高ドル安(1ドル/121.80円→105.33円)が進んだ北・中南米について、円貨ベースは減収となりましたが現地通貨ベースでは増収となりました。円高ユーロ安(1ユーロ/135.07円→118.21円)が進んだ欧州においても、円貨ベースは減収となりましたが現地通貨ベースでは増収となりました。
市場別売上高について、エントリーモデルで競争が激化しているSG(サイングラフィックス)市場向け製品の売上高が前年同期を下回りましたが、IP(インダストリアルプロダクツ)市場向けでは、既存・新製品ともに好調で円高を乗り越えて増収基調が続いています。TA(テキスタイル・アパレル)市場向けにおいても、機能性インクの拡充と前期発売のエントリーモデルが主力機種に成長し増収が続いています。
連結営業利益は11億10百万円となり、前年同期の15億97百万円から約5億円減少しました。しかし、円高による減益要因が約13億円を占めており、為替影響を除いた実質ベースでは約8億円の営業増益と言えます。在庫管理の効率化に加え、製品ミックスの改善や経費削減等に取り組んだことが主な要因です。今後とも、研究開発費や販売推進費等、将来の成長や事業基盤の強化につながる投資は引続き拡大しますが、その他の経費や投資の見直し等に鋭意取り組んでまいります。


<平成29年3月期連結業績の見通しについて>

当期の連結売上高は483億50百万円(前期比+1.1%)、営業利益は18億50百万円(同△42.1%)とし、現段階での見通し変更は行いません。なお、第3四半期以降の想定為替レートは1ドル/105円から100円、1ユーロ/120円から110円に変更しています。円高がさらに進むことを想定しても、現公表の利益水準を確保する所存です。
足元の事業環境は、円高や地政学的要因により予断を許さない困難な状況にあります。そのような状況の中ですが、当社はこれまでと同様に「新しさと違い」を提供するイノベーターとして新たな市場を開拓し、「真のグローバル企業」に向けた成長を持続してまいります。

§ 2016年11月10日公表の「平成29年3月期 第2四半期決算短信」はこちらから

2016年11月10日
株式社ミマキエンジニアリング
代表取締役社長 池田 和明


ページの先頭へ戻る