別所線丸窓電車

ラッピング電車出発式(2015年3月28日)

上田電鉄別所線に全面ラッピングを施した『まるまどりーむ号(Mimaki号)』と新車両『6000系』の2つの車両の出発式が開催されました。




■『丸窓電車』・『まるまどりーむ号(Mimaki号)』

『丸窓電車』は1928年に新造され1986年まで上田電鉄別所線で運用された『電軌デナ200形電車』の愛称です。戸袋の窓が楕円形だったことからこの愛称で親しまれ、引退後も人気が高く2005年にラッピング電車として復活したのが『まるまどりーむ号(Mimaki号)』です。しかし、2編成のうち1編成が約10年を経て昨年引退。惜しむ声が多く寄せられ、今回2代目として復活いたしました。
当社では初代のラッピング電車からインクジェットプリンタによる専用メディアへのプリントと車両へのラッピングを通して特別協賛しております。




■『6000系』・『さなだどりーむ号』

東急電鉄から上田電鉄が譲り受けた新型車両6000系。2016年大河ドラマ「真田丸」の放送が決まったことにちなんで赤を基調にデザインし、金色で真田氏の家紋「六文銭」をあしらったラッピング電車『さなだどりーむ号』(2015年6月13日 一般募集により愛称が決定)です。当社のプリンタでプリントを行い、車両全面にラッピングを施しております。




■出発式の様子

●まるまどりーむ号(Mimaki号)


上田市長 母袋様より当社社長 小林に感謝状をいただきました

上田市長 母袋様より当社社長 小林に感謝状をいただきました

当社社長 小林の挨拶

当社社長 小林の挨拶



くす玉割り

くす玉割り

愛称の由来になった丸窓

愛称の由来になった丸窓


●新車両6000系


テープカット

テープカット

信州上田おもてなし武将隊 真田幸村公による出発の合図

信州上田おもてなし武将隊 真田幸村公による出発の合図


『まるまどりーむ号(Mimaki号)』、『さなだどりーむ号』の運行については上田電鉄株式会社のWebサイトをご確認ください。






地域活性化事業の「別所線丸窓特別電車再現」に特別協賛(2005年1月~)


当社は上田電鉄株式会社様と共に、別所線の丸窓電車を再現した「まるまどりーむ号」に特別協賛しています。現在の車両外装に昭和61年に引退した丸窓電車をイメージしたプリントを貼り付け、ラッピング電車として再現しています。


ラッピングとは、あらかじめプリントしておいたフィルムを、車両全体に貼り付けることで、今回、車両上部をクリーム色、下部を濃紺色で貼り付けて、丸窓電車のツートンカラーを再現しました。
また、一両につき四ヶ所の窓にシールを貼って丸窓にしました。


柔らかな色合いの電車が走る姿は、上田市塩田平の田園風景にも違和感なく溶け込み、観光客の集客に一役かっています。

当時の丸窓列車の写真が「上田電鉄株式会社のWebサイト」にてご覧になれます。



ページの先頭へ戻る