経営方針

経営ビジョン

  1. 独自技術を保有し、自社ブランド製品を世界に供給する「開発型企業」を目指します。

  2. 顧客に満足いただける製品を素早く提供する小回りの利いた会社を目指します。

  3. 市場に常に「新しさと違い」を提供するイノベーターを目指します。

  4. 各人が持っている個性・能力を力一杯発揮できる企業風土を目指します。




ミマキが目指す組織と企業像

イノベーターの集団でありつづけるために、そして各人が持っている個性、能力を力一杯発揮し、マーケットの潜在ニーズを素早くとらえ解決するために、当社では機種群ごとに製品企画、開発及び販売企画までを責任を持って行うスタッフ事業部制と、小集団によるグループ別独立採算制を追求するGIPS経営を行っています。
GIPS: Group Independent Profitability management Systemでは、各グループが明確な役割と責任を持ち、それぞれがあたかも町工場であるかのように自主的に活動します。


そして各グループの活動成果としての付加価値を明確にし、各グループにおいてリーダーを中心に自部門の採算向上を実現するため、各グループのメンバー全員が問題点を共有し、その解決に当たります。これらを通し社員全員が経営に参加し、ひとり一人が採算意識を持ち、信頼をベースにした葡萄の房のような小さな果実の集合体にしていきたいと考えています。


ページの先頭へ戻る